春の香り特集 トロピカル・ハワイ・オーシャン系 日常に香りのごほうびを

海外ブランドの香り

HOME > 海外ブランドの香り

海外ブランドの部屋用芳香剤の香り

今や必須アイテムともいえるお部屋用の芳香剤。ドラッグストアは勿論、スーパー等でも沢山種類がありますね。 部屋用芳香剤には日本製のものも多く出回っていますが、最近よく目につく様になってきたのが海外ブランドのもの。お店によっては、ひとつの海外ブランドでワンコーナーが出来ていて一押ししていたりもします。 そんな中で気になるのはやっぱり香り。消臭効果のみで無臭のものを使われる方もいらっしゃるでしょうが、やはり使うからにはお部屋の中を良い香りで一杯にしたいものです。 しかし、日本製のものに比べ、そういった海外の部屋用芳香剤は品名をみてもイメージが湧きづらいということも多々あります。もともとが日本人向けではないので仕方ないともいえるのですが、逆を言えば、日本製のものにはない変わった香りがあるということでもあります。エスニックでスパイシーなものや爽やかなもの、甘いスイーツの様な、思わず笑みがこぼれてしまう素敵な匂いがするもの。いつもありきたりのものを惰性で使うのではなく、ちょっと変わった香りの部屋用芳香剤を置いてみると気分も一新、仕事や家事のストレスも少し和らいで、リラックス出来る事でしょう。 お店の方でも、どういった種類のものなのか分かりづらいことを考慮してか、テスターを置いている事も多いので、品名をみて「これは良さそう」と思うものがあれば、積極的に試してみるのが一番です。いかがでしょう。そうして貴方だけのお気に入りを見つける、そんな発見をするのも海外ブランドの部屋用芳香剤を使う楽しみのひとつといえるでしょう。 当店で扱う商品はすべて海外ブランドです。日本では手に入らない素敵な香りばかりですので、是非お試しくださいね。

おすすめ部屋用芳香剤


海外ブランドの部屋用芳香剤の使用感

30代 男性
海外ブランドのお部屋用芳香剤は、とにかく日本にない香りがたくさんあり、香りをいろいろ試してみたい方にはおすすめです。欧米のお部屋用芳香剤ですと、やはり欧米向けに作られているため、全般的に申し上げますと、若干香りが強い気がします。折角の香りでも、強いのは苦手な方もいらっしゃるでしょうから、スプレータイプで調節できるようなものは少なめに使用するとよいでしょう。日本の気候は湿気が多いですから、それも相まって香りが強めに出るのかもしれません。アメリカのものは、ココナッツ、マンゴーやバニラなど、甘いものやトロピカル系が多いのに対し、欧州のものはフローラル系が多い印象です。香りのブレンドが日本人の感覚と違ってキュウリとココナッツなどという意外で面白い組み合わせも素敵な香りですから是非楽しんでみて下さい。

20代 女性
部屋に芳香剤を置くと、「元々は部屋が臭い人と思われそうだから置きたくない」という人がいますが、部屋用芳香剤はニオイを誤魔化すためのものではないと私は考えています。 これは、私がアメリカの友達の家に遊びにいった時の体験なのですが、彼女は私を香りつきのキャンドルをつけて、迎えてくれたのです。私の知っている芳香剤のイメージとは全く異なるいい香りにびっくりし、お土産に買って帰ったほどです。 海外では、キャンドルをはじめとして部屋を香りで満たすことは、ニオイを消すためではなく、香りを楽しむために行うのだそうです。 帰国してから、私も彼女のように、香りを楽しむ生活をしてみようと思い様々な部屋用芳香剤を試してみましたが、香りを楽しむには海外ブランドのものがぴったりです。香りのバリエーションが多く、しかも日本のブランドにはない特徴的な香りばかりだからです。 海外ブランドのものを使い始めてから2年ほどになるのですが、評判も良く、私の友達の中には、香りを楽しむということを知って、ファンになった人もいます。